美容師の年収は280万。若手はもっとツライ

一時期は美容師は憧れの職業だった。美容ブームでだれもが美容師にあこがれていたし、私もそう。
見習い期間というか職人の世界なので「丁稚奉公」的な風土はどの美容室にもあって、給料なんてあってないもの。
手取りで10万円、11万円なんて恥ずかしくない金額で、洋服やシザー代などに給料の大半は消えていくので、一人暮らしの見習いのうちはキツイというか厳しい。
親の支援や仕送りがないアシスタントにも満たない期間は、ほぼ借金のお世話になる。
かといって銀行のローンは通ることはない。福利厚生だけでなく、社会保険制度がしっかりしているのは有名店や企業系のサロンだけで、町にある美容室のほとんどは個人企業みたいな感じで、中には社会保険に未加入なケースも。
いやそっちの方が多いだろう。

町に出れば分かるけど、美容師、美容室の存在は危険な状態だ。
ヘアカットなどの「理美容サービス」にかける金額が減少しているし、チェーン店で「10分1000円カット」などの格安ヘアサロンが猛威を振るっている。

また美容室の給料体系もツライ。
エイチビイエムの「理美容ニュース」によると、男性の理美容師は20歳~34歳までで約9割を占め、35歳以上は12%、40歳以上となると6%しかいない。極端に40代の美容師がいない理由は?

実は美容師の賃金は40歳~44歳をピークに下降していく傾向にある。ここまでにオーナーにならなければ、独立しないと家も建てられないし、子供の教育費もかけられないという現実。
40代という人生で最もお金が必要な時期を前に、賃金が下がってしまうってことだ。


美容師のほぼ大半は間違いなくキャッシングの経験がある。
昔は悪いイメージ、借りると人生負けだ!的なイメージがあったが、最近ではCMでも銀行系のものが多く実際に美容師仲間の間では「あそこが借りやすい!」「あそこは夜中でもOKだ!」という話題がいつもあがっていました。

美容師は中々給料のあがらない業界です。
辞めないためにはお金のやりくりはとっても重要。技術より重要かも。
そういったわけで、美容師の方はクレジットカードや闇金融なんかに手を出さず、キャッシングサービスと上手く付き合うことが重要だと思っています。

当たり前ですが借りないのが一番ですけど。